研修の案内

当科の特徴は、心臓血管外科、呼吸器外科、小児外科といった、外科領域としてはいずれも専門領域としてみなされている多領域をカバーしていることです。

初期研修(1年目・2年目)

当科での研修は、当院研修プログラムに従い行われます。

研修は外科領域の研修の一環となりますが、基本的にはいずれか1領域(希望する場合複数領域をローテーションして)の研修となります。各領域の主治医グループの一員として、手術はもちろん、さまざまな治療・診断手技、術前・術後の管理などに参加し、経験を積むこととなります。

第二外科では成人や先天性の心疾患、大血管疾患、末梢血管疾患、呼吸器、縦隔腫瘍、および小児外科疾患に対する治療が行われているわけですが、これら疾患に対する手術、インターベンションを含む外科治療、および術後急性期管理から退院にいたるまでの全身管理などを通して外科としての患者の診かた、考え方を学びます。

後期研修から専門医取得

3年目以降では、医局に籍をおき外科医師として研修をしていくこととなります。
このひとつの目標としては専門医の取得があります。心臓血管、呼吸器、小児外科それぞれの専門医ならびにそのベースとなる外科専門医に関する制度については、外科領域では学会主導で比較的早期より概形ができてきた経緯があります。各種専門医制度の先行きに関しては不透明な部分も多いところですが、どのような形となるとしても、消化器外科をふくめてさまざまな分野にわたる外科医師としての経験が必要とされることは、これまでの経緯からおそらく間違いありません。

ちなみに現行の制度では、外科専門医の取得のために

  • 消化管および腹部内臓 50例
  • 乳腺 10例
  • 呼吸器 10例
  • 心臓・大血管 10例
  • 末梢血管 10例
  • 頭頸部・体表・内分泌外科 10例
  • 小児外科10例
  • 外傷の修練10点

を含む術者120例以上、合計350例の手術経験を修練施設ないしは関連施設で積むことが求められています。また関連学会での発表や論文発表など、学術的な業績も必要とされます。

当科は新専門医制度下においてもこれに対応できるよう、心臓血管、呼吸器、小児外科といった専門分野それぞれにつき関連施設をもち、また消化器・一般外科を含めての、県内外のさまざまな修練施設と連携した当院が基幹病院となって行う、「山梨プログラム」を作成しております。
さらに外科専門医の取得後は、各分野の専門医取得(サブスペシャリティ専門医は卒後10年での取得を目標とします)、研究など、さまざまなキャリアパスに対応する準備があります。

当科での研修を希望されるかた、お話だけでも聞いてみたい方、当科へ遠慮なくご連絡ください。

山梨大学医学部 第二外科医局
医局長 加賀重亜喜

TEL:055-273-9682
FAX:055-273-6767